サービス内容

01 グローバル人材育成事業

国内における技術者の採用が難しい時代となった今、だからといって安易に外国人を採用するのはちょっと、、当社ではそういった課題を感じていらっしゃる企業様に対して、採用後の人材教育、フォローアップを行う人材育成事業を展開しております。


■グローバル人材育成事業における当社の強み

maanbillage(マナビレッジ)

当社と各大学では、日本企業への就職を目指す人材への教育提供を目的とした協定を締結しています。
日本語が話せない理系学部の学生に対しての日本語クラスの運営や、日本語講師の派遣、日本就職マナー研修など、産学で連携した研修プログラムの開発、運営を大学と共同で行っています。

maanbillage(マナビレッジ)

協定を締結している各大学内には、当社のスタッフが駐在しています。 大学、学生、それぞれとの距離感が非常に近く、関係性も強い事から、なかなか寺社ではカバーすることが難しい事前教育、フォローアップを行う事が可能となっています。

 

maanbillage(マナビレッジ)

協定締結大学

インドネシア ベトナム  タイ
・国立インドネシア大学
・バンドン工科大学
・ハノイ工科大学
・ホーチミン工科大学
・チュラーロンコーン大学
・タマサート大学

運営サービス

■ASEAN RECRUITING PROJECT

〜ASEAN TOP大学の理工系学生に特化した日本語教育サービス

ものづくり企業、メーカー、ITなど、「技術者」を中心に採用する企業においては、昨今、さらに日本国内での技術者確保が難しくなってきており、海外からの採用に踏み切る会社も増えてきています。しかし、技術者のグローバル採用においては、今まで多くの企業において課題がありました。
基本、理系人材が通う技術系大学では日本語を学ぶ機会はほとんどなく、日本語が話せる人材を希望する企業のニーズとは合致しづらい現状がありました。

当社が展開するASEAN RECRUITING PROJECTは、TOP大学の理系学部に通う学生に特化し、各国の大学内で理系学生を対象とした日本語教育を行っています。
毎年、合計で約4000名のエントリーがあり、選抜後の400名への教育を実施しています。

選抜された理系学生に対して約1年間の日本語教育を提供し、今までいなかった「日本語が扱える海外の理系人材」という母集団創出に成功しています。

サービス一覧へ